いよいよ最後の講義となりました。
この時間では、テキストファイルを作成し、その中へ文字列を出力するプログラムを作成します。
ゲームでいうところのSaveDateを作成するプログラムですね。

まず、FILE型のポインタ変数を作成します。
FILE* SaveDate;

FILE型とは、構造体で作られた、FILEに関する情報を格納する変数のことです。
FILEポインタをfopen関数が返すFILE型の戻り値で初期化して使用します。

fopen("テキストファイル名.txt", "属性");

テキストファイル名には好きな名前を付けて下さい。正し、.txtを付けるのを忘れないで下さい。
属性は
r (読み込み用に開く)
w (書き込み用に開く)
a (追記用に開く)

があります。今回は書き込み用に開くので、"w"を指定します。

FILE* SaveDate = fopen("SaveDate.txt", "w");

ファイルへ文字列を書き込むには、fprintfを使います。
fprintfには、ファイル構造体へのポインタ変数と、書き込む文字列を指定します。
ポインタ変数がファイル構造体のアドレスを保持しているので、ポインタ変数を指定するのです。
fprintf(SaveDate, "Stage1:Clear");

ファイルへの書き込みが終わったら、fcloseでファイルポインタを解放します。
fcloseにはファイル構造体へのポインタ変数を指定します。
fclose(SaveDate);


実行結果
116

例によって、fopenが安全ではないので、プラグマを指定しています。
実際の開発ではfopen_sを使用して下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
続いて、ファイルからデータを読み込みます。

117


fopenの属性にはrを指定します。
また、ファイルからデータを読み込むには、fscanf関数を使用します。
fscanf(ファイル型のポインタ変数, "読み込むデータの種類", 読み込んだデータの格納先);

fscanf関数は、一行しか読み込まないことにご注意下さい。
複数行読み込みたい時は、その分だけ実行する必要があります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お疲れ様でした。
これでC言語の基礎はマスターできたといってよいでしょう。

これにて全ての講義は終了です。次回はおまけとして、応用的な機能を学習しますが、ここまで学習したことを組み合わせていけば、大規模なアプリケーションを書くこともできるでしょう。

しかし、Cの世界はまだまだ奥深く、よく分からない部分もたくさん出てくるでしょう。
そんな時は、ここまでやってきたように、検索して、勉強して下さい。

本を買っても良いですし、より詳しく解説しているHPを参照してもよいでしょう。

ここまで読んで頂き、本当にありがとうございました。挫折しなかったあなたを心から祝福します。