現実世界には無数の家が建っていますが、これらの家々を識別するにはどうすればよいでしょうか? 
そうです、住所ですね。住所があるからこそ、相手方へ宅配便を送れるのです。

では、ネットワークにも無数のコンピュータが接続されていますが、どうやって識別しましょうか?
そうです、IPアドレスです。IPアドレスは、住所と全く同じモデルです。

IPアドレスの正体とは、32Bitの数値データです。0か1が32個並んでいます。
IPアドレスの例:10110100101011010100110101001001


この32桁の数値は全部で4294967296種類の情報を表現できます。(2の32乗)つまり、42億台のコンピュータに、重複しない数列を渡せるということです。
ネットワークの世界では、このIPアドレスを用いて相手方のコンピュータやサーバーを探し出し、必要なデータを送出するのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
しかし生のIPアドレスは読みにくいですね。……なぜわざわざBitで表記する必要があるのでしょうか。IPアドレスは32Bitです。なので4Byteで表記すればよいのです。

1Byteは8個の0と1を持ちます。
8個の0と1では、256種類の情報を表現できます
00000000~11111111=(256種類)
つまり、BitではなくByte(0~255)の整数でIPアドレスを表現できるということです。


つまり、213.192.255.0 のように表現することもできるということです。わかりやすくする為に1Byte毎に.を打ちました。
人間がコンピュータへIPアドレスを指定する時は、Byteを使います。
コンピュータはあらゆるデータを0と1へ変換しますから、勝手にIPアドレスへ変換してくれるのです。

ちなみにIPアドレスのオール0とオール1は特殊な機能を持っているのでコンピュータへ割り当てることはできません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ぶっちゃけどうでもいい話なのですが、IPアドレスにはクラスがあります。

IPアドレスは、ネットワーク部とホスト部に分類できるという性質があります。

つまり、10110100101011010100110101001001というIPアドレスがあった時、
101101001010110101001101(ネットワーク部) 01001001(ホスト部)

のように分類ができるということです。
この分類は、1Byte毎に行われます。

10110100(ネットワーク部)101011010100110101001001(ホスト部)
このように分割されたIPアドレスを、AクラスのIPアドレスと呼びます。


AクラスのIPアドレスは、ネットワーク部が1Byteしかないので、世界中で254種類の機関しか持てません。(オール01を除くので)IPアドレスを割り振る際には、コンピュータ1台につき1つずつ割り振るのではなく、機関や団体単位で割り振ります。その際、ネットワーク部を1つ割り振ります。仮に00000001を割り振ったとすると、残り3Byte分のホスト部は、00000001ネットワーク部を貰った機関が自由に使えます。
つまり、00000001.00000000.00000000.0000000000000001.11111111.11111111.11111111 の範囲で00000001ネットワーク部を貰った機関がIPアドレスを割り振れるのです。

AクラスのIPアドレスは大量のコンピュータへIPアドレスを割り振る権利を持てるので、主に世界的な企業などが貰い受けます。

BクラスのIPアドレスは
1011010010101101(ネットワーク部)0100110101001001(ホスト部)
このようになっています。こちらは規模の大きい組織へ割り振られます。

CクラスのIPアドレスは
101101001010110101001101(ネットワーク部)01001001(ホスト部)
となっています。こちらはプロバイダなどへ割り振られ、その中のたった1つの数列がボク達のコンピュータへ割り振られます。

ちなみにIPアドレスがどのクラスかは、サブネットマスクを見れば分かります。
サブネットマスクはIPアドレスと全く同じ32Bitのデータです。IPアドレスとは別のデータですが、セットで扱います。

クラスAの場合、サブネットマスクには1が1Byte分立ちます
クラスBの場合、1が2Byte分立ちます。クラスCの場合、1が3Byte分立ちます。
サブネットマスクはIPアドレスの後ろに/で1の数を表す場合もありますし、1Byte単位で表現する場合、1が8個立っている状態は255を表すので、そのように表記するコンピュータもあります。

ご自身のコンピュータのIPアドレスやサブネットマスクを調べるには、コマンドプロンプトからipconfigと入力して下さい。
3

ボクのコンピュータのIPアドレスはクラスCのようですね。

ちなみにこれは余談です。頭の片隅にでも入れておいて下さい。