3D Modeling Motion

面を三角形化してあげる。
Metasequoia4の場合 選択部処理→面を三角形化 で大丈夫です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

マウスホイールをスクロールして画面を引いてみよう。
RokDeBone2では表示倍率8倍で読み込むのがデフォルトなので、モデルが大きすぎて画面に入っていないのかもしれない。
no title

1
このエントリーをはてなブックマークに追加

【概要】
1. Metasequoia4 で3Dモデルを作成する。
2. RokDeBone2でボーンをモデルへ組み込み、影響度を設定する
・モデルの頂点は影響度から外れてはいけない
3. モーションを作る
4. DxLibModelViewer またはDXViewerを用いてモデルを確認する
・DxLibModelViewerはDXライブラリに付属している。入手しやすい。
・DXViewerはDirectX8に付属している。現在は入手しにくい。
5. スキンメッシュアニメーションを読み込むソースコードを書く
・DirectXの書籍のサンプルソースなどを参考に書く(書籍:ゲームコーディングVol1など)



【初心者向けの説明】
あとで書きます。上を参考に頑張ってみて下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

頂点を選択し、Metasequoia4のオブジェクト→曲面・ミラーのフリーズを押すことで、頂点をモデルへ沿わせることで、RokDeBone2でも問題なく読み込めるようになる。
このエントリーをはてなブックマークに追加

https://www.neowin.net/news/directx-90c-march-2008/

から旧バージョンのSDKをダウンロードし、デスクトップへ解凍する。

すると、大量のフォルダがデスクトップへできるので、その中から「Utilities」というフォルダを探し出し、bin→x86→DXViewer.exeをコピーして使用する。アニメーションの再生も可能(勝手にやってくれる)
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ