【概要】
ある領域へ侵入した時、侵入した分だけ座標を戻す。
また、領域の指定には2重矩形を用いる。

※衝突処理は様々な方法があり、正解はない。


【詳細】
あとでかく。