|x-3|≧5

要するに|x-3|が5以上の数である。

つまりxには8が入る。

|8-3|≧5

もちろん9や10が入っても良い。

よって、x≧8(xは8以上)

そして、よくみるとx-3は絶対値である。

絶対値ということは、距離である。

つまり、5という距離以上であればよいのである。

即ちxには-2も入る。

|-2-3|≧5(-5の距離は5である)

もちろんxには-3を入れても良いし、-4でも良い。-2より小さい数であればなんでもよいのである。

よって、x≦-2(xは-2以下)(-3は-2より小さい)

まとめると、x≧8, x≦-2 である