sendto(sock, buf, buflen, 0, addrinfo->ai_addr, addrinfo->ai_addrlen);

データが中途半端に送信される場合、buflenの数字を大きくしてあげると送信されるかもしれない。
例:「こんにち」まで送信されるが、「こんにちは」と送信されない。

一部の参考書では、buflenはbufのサイズを示すと書かれているが、
より正確には、「buflenの分だけ送信する」となる。