#include <winsock.h>ではshutdown関数がうまくいかないことがある
(SD_XXXX系のマクロがコンパイルエラーを引き起こすことがある)

そういう時は#include <winsock2.h>を使えばコンパイルできる。

※この記事はHTMLコード回避のため、<>を使用している。